長谷川悟史



長谷川悟史(はせがわさとし 1976年6月19日生)
 [総合格闘家]


 神奈川県出身。高校卒業後、パンクラスの第4回入門テストを受け合格。

 1996年7月22日、パンクラスネオブラッドトーナメント1回戦・山宮恵一郎戦でデビュー。当時パンクラス最軽量ながら引き締まった肉体とスピードを武器に独特のファイトスタイルで人気を得た。

 1999年3月1日、道場近くのマンションから転落し、骨折に基づく外傷性出血ショックで22歳の若さで死去。

 今なお彼の転落事故には謎が多く残っている。当時は自殺も囁かれたが、転落の数日前にプロレス雑誌の記者に「今ウエイトトレーニングに力を入れているんです。」と話しており、また転落の直前にはバイクを修理に出しており自殺と考えるのは難しい。

 パンクラスの大先輩・船木誠勝の趣味のひとつに、後輩たちに危険なスタントを行わせ、それをホームビデオで撮影するという、通称「アクション映画」と呼ばれるものがある。当時、長谷川は船木の「アクション映画」と称するゲームでたびたび「主演」を務めさせられていた。長谷川は、この遊びの最中に転落したのではないかと言われている。長谷川がなぜ本人とは関係ない転落場所のマンションにいたのかもわからないままである。なお、船木は「後輩を使ってスタントシーンを撮影するのが趣味」と公言していたが、長谷川の死去後は一切その類の発言をしていないことも疑問である。

 なお上記のような状況から匿名掲示板などで「船木が殺した」との悪意のある誹謗中傷も散見されるが、事故当時、船木は現場には居なかった。また団体の責任者として尾崎社長や船木は警察からの事情徴収も受けており、事件性は無いと見るのが妥当である。

 1999年3月1日死去(享年22)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集][ランダム][音楽]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ